電話でエッチする時のこと

気持ちいいエロ電スタイルを知ってもっと気持ち良く

電話でエッチをするという絶妙な組み合わせのテレフォンセックス。自分の思うがままに遊んでいても気持ちいいのだが、野球にピッチングフォームがあるように、サッカーにシュートフォームがあるように、どんな世界にも基本的な姿勢が存在するのだ。その姿勢を理解して行うことがレベルアップの要因となるのは間違いない。電話エッチではレベルアップ=気持ち良さ。電話エッチの基本的な姿勢を知って得れる快感の倍増法をご紹介します。

 

ソファー寝スタイル

普段一番落ち着く場所で行うことが気持ち良くなる秘訣。ソファーは自宅の中でもリラックスできる場所の一つ。電話エッチで果てた後にそのまま寝れるのも利点。相手とビデオチャットなどの映像同士で繋がっている場合下記のようにオナニーを中継することもできる。

 

上級クラスになるとソファーの角を使ってのカドニーを中継する猛者も!

 

ベッドスタイル

セックスする時に一番使っているであろう場所で電話エッチするのは当然。ベッドでエッチしている時の気持ち良さを身体が覚えているのでリラックスして電話エッチを楽しむことができる。布団を相手に見立てた疑似セックスも電話エッチ時に有効なテクニックとなるのでベッドはテレエッチの初心者から上級者まですべてのユーザーに愛されている場所だ。

 

椅子スタイル

一見するとめちゃくちゃ楽そうな椅子スタイル。しかし実際にやってみるとわかるのだが、動けるスペースが限られていて同じ姿勢しかとれない為にかなりの窮屈感。動きが制限されてしまうので見せ合いややりたい体位での疑似セックスには不向き。まったりと長時間相互オナニーに集中していると腰をやられる可能性もあるので注意が必要だ。椅子に座って長時間プレイする時は時折その場で立ち上がったりして身体をほぐしながら行う事。そうすることで血行が良くなるので気持ち良さUPにもつながります。

 

代表的な3つの基本姿勢をご紹介しました。皆さんがやっている姿勢があったかと思います。電話エッチは自分が一番しっくりくる場所で行うことが大切。他にも車内などのアブノーマルスポットでのやり方もあるので随時紹介していく予定です。


 
トップページ